レシピ

鮮度長持ち!野菜の保存方法【大葉・しょうが・レタス編】

鮮度長持ち!野菜の保存方法

せっかく買った野菜が、気付いたら冷蔵庫の中でしなしなになっている。そんなことってよくありますよね。

最後まで野菜をおいしく食べたいので、効果的で簡単な保存方法を日々試行錯誤しています。

今回はおすすめの「大葉・しょうが・レタス」の保存方法をご紹介します。この3つの方法はすでにわが家では定番です!

これをやるのとやらないのとでは、数日後の野菜の鮮度がグッと変わってきますよ♪ぜひ試してみてくださいね。

大葉の保存方法

  1. 大葉は同じ向きに重ねておく。
  2. ボウルに水を入れて、水の中で軸の先を少しだけキッチンバサミで切り落とす。
  3. 大葉が入る程度の大きさの蓋つきの瓶を用意し、軸だけが浸る程度の水(1cm程度)入れる。
  4. 大葉を軸を下にして瓶に入れて蓋をする。冷蔵庫で保存。

時々水を変えれば半月くらいは元気なままです。買った時よりもむしろ瓶の中で元気になります!

しょうがの保存方法

わが家はしょうがをよく使うので、いままで色々と保存方法を試してみました。

【今まで試してみたこと】

  • 丸ごと冷凍して使いたい時に凍ったまますりおろす →おろしたしょうがが水っぽくなってしまう。
  • すりおろしたものをラップで薄く広げて冷凍 →使う分だけそのつど割る→生のものに比べて風味がイマイチ。
  • すりおろしたしょうがを瓶に入れて、塩を適量加えたものを保管 →料理に使うのには便利で気に入っていたけど、いつまでもつのか判断が難しい。

色々と試した結果、しょうがは冷凍より生の状態で水に漬けて保存するのが一番状態がいいことがわかりました。

  • 蓋つきの瓶に入れて、ひたる程度の水を加えて冷蔵庫で保存。
  • 2〜3日に1度、水を交換すれば1ヶ月くらいは保存できます。

レタスの保存方法

これはテレビでみた方法なんですが、見た目も効果もびっくりな保存方法です。

レタスは切り口から変色します。サラダのように食べられる状態にちぎってしまうと傷みが早いので、使う直前まで丸ごと保存するのがおすすめです。

  1. レタスの軸に4本程度つまようじを突き刺す!
  2. ラップで包む。

芯の中にある「生長点(成長点)」を破壊して細胞分裂するのを防ぐことで長持ちするそうです。

グリーンリーフやサニーレタスなどの葉物野菜でも同様の方法で長持ちさせることができます。

つまようじをさしたまま、使う分だけその都度外側からはがして使うようにしてください。

4日経ってもこのみずみずしさ!

私のお肌にもこの方法があったらいいのに!と思ってしまいます。

今回は家庭でできる簡単な保存方法をご紹介しました。

野菜の鮮度を保てる便利なグッズが100均やアマゾンなどでも色々と売っています。気になるものは試してみるのもいいですね!