エンターテインメント

トンデミ平和島に家族で遊びに行きました。初めて行く人が事前に知っていたら便利な情報をまとめました。

子どもも大人も思いっきり楽しめる屋内アスレチック!

夏休みに家族3人でトンデミに初めて行ってみました。

トンデミ平和島とは、2018年7月にオープンした屋内アスレチック施設です。テレビのバラエティ番組などでタレントさんたちが楽しそうに遊んでいる姿を観て、小学4年生の息子が行きたい!と何度も言っていました。

人気の施設なので、事前に下調べして行った方が効率よく遊べると思います。初めて行った私が、これは行く前に知っておいた方がいいかな、と思うことをまとめてみました。

※営業時間や料金は今後変更になる可能性があります。正確な情報を確認する場合は公式ホームページを参照してください。

平和島店以外の他の店舗は、営業時間や料金など異なる点もありますのでご注意ください。

※2021年6月1日より、営業時間が変更になっています(変更期間は未定)。

平日

営業時間 10:00~20:00

受付開始 9:15 最終受付 18:00

土日祝

営業時間 10:00~20:00

受付開始 9:00 最終受付 18:00

トンデミ平和島ってどんなところ?

トンデミ(SPACE ATHLETIC “TONDEMI”)は、子どもから大人まで幅広い年代層が安全にトランポリンやクライミングウォールなどアクティブな遊びを楽しめる「屋内アスレチック施設」です。

屋内なので、天候や気温に左右されることなくいつでも楽しく遊べます。

平和島以外にも「トンデミ幕張新都心店」「トンデミ桑名店」「トンデミ横須賀店」があります。2021年夏には「トンデミ愛媛 エミフル MASAKI店」もオープンしました!

アクセス

住所 〒143-0006 東京都大田区平和島1丁目1−1

電車の場合は最寄駅のJR大森駅、京浜急行平和島駅からワンコインバス(100円)が出ています。

時刻表や乗り場の案内はこちらから

ボートレース平和島に隣接しているので、ボートレース開催時は無料のバスが出ています。

ボートレース平和島のスケジュールはこちらから 

駐車場は?

専用駐車場はありませんが、BIG FUN平和島内にあるBIGFUN平和島(6.7.8.RF)
・平和島パークNo.3駐車場のみ3時間無料で利用できます。

発行される駐車券を入場時に受付に出すのを忘れずに!

遊べる時間は?

入れ替え制で120分遊べます。

※現在は営業時間短縮のため、19時の回は休止しています。

受付に少し時間がかかるので入場時間の30分前には到着した方が安心です。

早めに着いてしまった時は、入場者が無料で遊べるゲームコーナーがあるので、そこでエアホッケーなどで遊ぶこともできます。

おすすめの時間帯は?

利用時間は2時間ですが、10時から1時間ごとに入場するシステムです。

最初の10時の回と最後の19時の回は、その前・後の入場者がいないため、他の時間帯に比べて人が少ないです!

私は10時の回に入ったので、最初はとても空いていました。後半には11時の入場者も増えてそこそこ混雑して来たので、1番早い回にしてよかったと思いました!

混雑状況を事前に知る方法は?

トンデミは、バラエティ番組にもたびたび登場したり、気温や天候に左右されずにいつでも遊べることで一年を通じてとても人気の施設です。

事前に混雑状況を知るためにおすすめなのは、トンデミ平和島の公式ツイッターをチェックすること!

夏休みなど、繁忙期は当日券がない場合もあるようです。貸切営業などで、入場できない時間などもツイッターでチェックできます!

料金は?お得なクーポンはある?

時間は大人も子どもも2時間3000円。更に初回は会員登録が一人550円かかります。

通常では今のところクーポン情報はありませんが、お得な3人割りという料金があり、3人フリーパスで7800円。1200円安くなります。例えば4人なら3人フリーパスと1人分入場料を組み合わせるのがお得!

0〜1歳の子どもは無料、付き添いのみで遊ばない保護者の入場料は600円です。

全身を使うアクティブな遊びなので、体力に自信のない大人の方は600円のみで入場できます!

前日までの予約がおすすめ!

事前に予約をしていく方が待ち時間が少なくて混雑時も確実に入れるのでおすすめです。予約済みの人と当日券を買う人の発券所も分かれています。

トンデミ平和島の予約はこちらから

予約の注意点

  • 予約は来場の前日まで
  • 支払いはAmazon Pay(アマゾンアカウント決済)のみ
  • 初回は別途会員登録が必要(予約だけでなく当日利用でも必要です)。
  • 予約時に発行される「登録時に発行された受付番号」「予約ID(ご注文番号)」のバーコードのスクショを当日受付ですぐに表示できるように!

何歳から遊べる?

メインのエリアで遊ぶのに年齢制限はありませんが、以下の条件を満たす必要があります。

  • 身長110cm以上、体重20kg~120kg
  • 小学生以下の子どもには必ず保護者(高校生不可)の付き添いが必要
小学生未満(3歳から身長120cmまで)のキッズエリアもあります。こちらのエリアの利用料は120分で850円です。

どんな服装で遊べばいい?

とにかく激しく動きます!注意点はこちらです。

  • 動きやすい服装(おすすめは短パンの下にレギンスを着用)

  • アクセサリーは外すので、できるだけ着けて行かない

  • 靴下はトンデミオリジナルのものを着用

  • 走りやすい靴がいいけど、無料でレンタルもできる

  • アクティビティの種類によっては眼鏡を外す必要もある

1Fのロープウォークエリア、クライミングウォールエリアはハーネス(安全ベルト)を着用します。股にベルトがくい込むので、あまり短い短パンだと、すそが上がってしまいます。短パンの下にスポーツ用のレギンスを履くのが動きやすくておすすめです。

今回はこんな服装で行きました。動きやすくて大正解でした!

遊ぶ時は荷物をどうする?

高いところに登ったりもするので遊ぶ時にはポケットの中身も全部空にする必要があります。

館内に無料で使えるロッカーがあります。スマホや水分など持ち歩きたい荷物は、ロッカーの中にある透明なビニール製の手さげ袋に入れて持ち歩くこともできます。持ち歩きの手さげ袋は、自分が遊ぶ時だけ一緒に行った家族に持ってもらったり、簡易的な荷物置き場があるのでそちらに置きました。

携帯や小銭などを持ち歩けるように、小ぶりなサコッシュやボディバッグがあると便利です♪

スマホで子どもを撮影できる?

見ている時にはスマホでの撮影はOKです!

撮影しやすいポイントなどもわかりやすくなっているので、たくさん写真を撮りました。スタッフにお願いすると撮影もしてくれます。

おすすめの遊び順は?

120分って長いようであっという間です。限られた時間内でできるだけ楽しみたいですよね!

どのアクティビティもとても楽しそうで、どこから遊んだらいいか迷うところですが、個人的におすすめの順番をご紹介します。

3階建ての建物がいつくかのエリアが分かれています。その中でも1階のロープウォークエリアとクライミングウォールエリアが特に人気のようです。

ここで遊ぶためにはヘルメットをかぶったり、ハーネス(安全ベルト)を装着しなければならず、時間によってはエリアに入る前に待たなければいけない可能性もあります。

後半に行って焦るよりは、できれば最初にここを狙うのがおすすめです。

特にクライミングウォールなどはかなり体力を使うので、元気なうちに楽しんだ方がいいかもしれません。子どもは最初から最後まで元気いっぱいですが、大人は後半かなりバテると思います(笑)。

私たちは人気の1階のエリアを思いっきり楽しんだ後、残った時間と体力でトランポリンを楽しんだり、アミューズメントエリアとデジタルスポーツエリアで少し休みながら遊びました。

なかでもデジタルスポーツエリアの「にんげんタワーバトル」がとても面白くて家族で盛り上がりました。

一番のおすすめは【クライミングウォールエリア】

トンデミの施設のなかでなんといっても一番のおすすめは、1階のクライミングウォールエリア!

最大のウォールの高さは10mもありますが、子どもでも楽しめるように、様々な難易度のコースが設置されています。トンデミらしい「映える写真」が撮りやすいのもこのエリアです。

スピードクライムというクライミングウォールでは、親子や友達同志でタイムアタックをするのもおすすめです。

そのほか、7mの高さから垂直落下で滑り下りる巨大スライダー(バーティカルスライダー)も勇気のある人はぜひ挑戦してみてください♪

個人的には下の写真の「ステアウェイ トゥーヘブン」(直訳すると「天国への階段」)が一番怖くて一番楽しかったです!

一番高いところは、地上10m近くになるそう!登る時も怖いけど、一番上から飛び降りるのが本当に怖かった・・・!写真に写っている息子は途中でリタイアでした(笑)

館内に食事のスペースや売店はある?

施設内での飲食は、レストスペースにて可能です。施設内にはレストランやフードコートはなく、飲みものとアイスクリームの自動販売機があります。

飲食物の持ち込みも可能なので、小さなお子さんと一緒に行く場合は、すぐに食べられるおにぎりやパンなどの軽食を持って行ってもいいかもしれません。

たっぷり遊んだ後は、お腹もペコペコ!遊んだ後の食事スポットは、トンデミ平和島のすぐそばにあるBIG FUN  平和島がおすすめです。

1階のフードコートにはイタリアン、ラーメン、うどん屋さんがあり、フードコート以外にはロッテリアやジョナサン、壱番屋(寿司屋)もあります。

BIG FUN 平和島の中には「天然温泉平和島」もあります!空腹を満たした後は、お風呂に浸かってゆっくりと疲れを癒すのも良いですね♪

おわりに

夏休みの思い出に、と家族みんなで出かけましたが、息子だけでなく、大人もかなり楽しかったです。スタッフの人たちの対応もとてもフレンドリーでよかったです。

一日経って腕が相当な筋肉痛…。こんなに無邪気に走り回ったのはいつぶりだろう。久々に子どもに戻ったような楽しい体験ができました。子どもより、むしろ日ごろ運動不足の大人にこそおすすめかもしれません!

トンデミ靴下は毎回必要なので、会員証と一緒に保管しておきましょう♪