レシピ

万能調味料!「へべす塩」の作り方

へべすという柑橘類を知っていますか?

へべす(平兵衛酢)は、宮崎県日向市特産の柑橘類で、見た目はカボスやすだちに似ています。

 サイズは小さい順に「すだち」「へベス」「かぼす」です。

まろやかな酸味が特徴。種は少なく皮が薄くて苦味が控えめなので、調理方法によっては丸ごと食べられます。

レモンサワーのように、お酒に加えて「へべすサワー」にして飲んでも美味しいです♪

へべすを餌にして育った「へべすブリ」という宮崎県の特産ブランド魚もいるそうです(食べてみたい…!)

へべすの効能は?身体に嬉しい成分が多く含まれている!

へべすには「ナツダイダイン」という抗酸化作用のあるフラボノイドが含まれています。ナツダイダインは「発ガン抑制効果」や「がん細胞の増殖抑制効果」が期待できる成分で、同じような柑橘類のゆずに比べ、37倍も含まれています。

ナツダイダイン以外にも「ナルリチン」という抗アレルギー成分も多く含まれているので、花粉症の改善などにも効果が期待できます。

参考サイト:株式会社 K&Co.…日向へべすの効能について(https://himuka-hebesu.jp/2013/)

へべすで作る調味料【へべす塩】が万能すぎる!

数年前から塩レモン作りにハマっているので、へべすも同様の方法で塩漬けにしてみたら…正直言って塩レモンよりも美味しい!!!

特におすすめの食べ方はトマトとモッツアレラのカプレーゼにのせること♪トマトの旨味とモッツアレラのミルキーな甘味がへべす塩の酸味と塩気でさらに引き立ちます。

使うのはへべすと塩だけ!へべす塩の作り方

今回は長期保蔵用ではなく、すぐにでも使えるように、小さめに切って、塩分は少なめに作っています。へべすと塩がなじんだ2〜3日後から食べられます。

へべす塩の作り方

(材料)

  • へべす

(作り方)

  1. へべすは塩(適量)をまぶして皮をこすって水で洗う。
  2. つまようじでヘタを取り除き、水気を拭き取る。
  3. 4等分程度に切り、果肉と皮に切り分ける。果肉は粗く刻み、皮はみじん切りにする。
  4. 煮沸消毒した保存瓶を用意し、へべすの重量の10%程度の塩とへべすを数回に分けて交互に瓶に入れる。ふたを閉めて冷蔵庫で数日おいてなじませる(時々上下に振ってください)。

果肉と皮を一緒にみじん切りにすると、果汁が流れてしまってもったいないので、先に果肉と皮を分けて作りました。果肉は大きめに切ってください。

サラダチキンを和えても美味しいですよ!

あまりなじみのないへべすですが、8月から10月上旬くらいにはスーパーに出回っているようなので、見かけたらぜひ買ってみてください。

宮崎県のふるさと納税の返礼品としても贈呈されているので、今年のふるさと納税の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

宮崎県門川町のふるさと納税はこちらから

生のへべすが買える時期は限られていますが、テレビ(マツコの知らない世界)で紹介されて話題になったご当地調味料「へべす酢味噌」はアマゾンなどで年間を通じて購入できます!



鉄分補給レシピ!鶏レバーと砂肝のオイル煮わが家の定番常備菜、鶏レバーや砂肝ときのこを使った鉄分たっぷりのオイル煮のレシピです。小学生の息子も大好き!...