美容

白髪染めは【ハイライト】で立体感と透明感のあるおしゃれヘアに♪

30代後半から白髪が少しずつ目立つようになりました。

最初の頃はドラッグストアで市販の白髪染めを買って、自分で染めていたのですが、面倒だしこんなトラブルがありました。

  • うまく染まらない
  • 服やタオルまで染めてしまった
  • 肌荒れするようになった

ヘアカラー専門店が安くて便利!

自分でやるよりプロにお任せしたほうが、楽だし仕上がりもいいので、その後は近所のヘアカラー専門店へ行くようになりました。

予約なしで気軽に行けるお店も多く、シャンプーは機械によるオートシャンプーを導入していたり、髪を乾かすのはセルフサービスだったりと余分なサービスがない分、価格も3千円前後と格安です。

ヘアカット無しでカラーだけなので、買い物のついでにささっと立ち寄って1時間以内で終わるというのもありがたいです。

ヘアカラー専門店で染めることが習慣になったけど、本音を言うと、もう少しおしゃれな色にしたいなぁ。

と最近思うようになりました。

そもそもおしゃれな白髪染めってどんなものがあるのでしょう?

白髪染め+ハイライトで白髪をおしゃれにカバー!

 

最近人気なのは、白髪を「隠す」のではなく「ぼかして活かす」方法だそうです。

髪全体は細い筋をバランスよく入れるようにブリーチして、根元は通常の白髪染めをします。あとから生えてくる白髪とブリーチした筋がいい感じになじんで白髪ぼかしの効果がありつつ、立体感や透明感が出るそうです。

細い筋になるようにブリーチすることを「ハイライトを入れる」と言うのですが、私たちアムラー世代は「メッシュ」という呼び方の方がおなじみかも(私はどちらかというと「シノラー」寄りでしたけど笑)。

ブリーチした部分は、そのままだと周りの黒髪とのコントラストが強すぎて、ちょっといかつい(ヤンキーっぽい?)感じになってしまうのですが、ブリーチ部分も含めて全体にカラーを入れてまとめることで、よりおしゃれな雰囲気に仕上がります。

全体に入れる色は「アッシュ」や「グレージュ」が人気だそうです。透明感がありつつ、くすんだ外国人風カラーのようなニュアンスのあるきれいな色味です。

日本で一番予約される美容室「ALBUM」

初めてのハイライトに挑戦すべく予約したのは、ヘアカラーに定評のあるサロン「ALBUM銀座店」。

ALBUMは「トレンドヘアーを毎月通える価格で提供」をキャッチコピーにしているヘアサロン。渋谷、表参道、新宿、銀座などにあり、「日本で一番予約される美容室」として受賞歴もあるそうです(受賞したのは新宿店)。

最近は上記のような都心部以外にも八王子や川﨑、浦和など、店舗が増えているようです。

Instagramをみてもわかる通り、とってもおしゃれなサロンです。下の画像をクリックすると、ALBUMのInstagramのトップページへ飛びます♪

【トレンドヘアーを毎月通える価格で提供】がコンセプト。

「毎月通える価格」と言うだけあって、カットがなんと2,400円!!シャンプーはオプションですが、シャンプー込みでも2,900円。銀座の一等地のサロンでこの価格…驚きです。

今回ハイライトを入れてもらったのは2回目の来店でした。初めて行ったのは先月で、その時はカットだけお願いしました。

ALBUMの予約はホットペッパービューティーから行います。初回の支払いの際にポイントを1300円分使わせていただいたので、カット&シャンプーのお支払いはたったの「1,600円」でした。

格安な上になんか…ごめんなさい。最近は美容院やマッサージなどを予約するときは、ホットペッパービューティーを利用することがほとんどなので、ポイントが結構すぐに貯まるんですよね。

ALBUM銀座の予約はこちらから  

カラーの予約ですが、クーポンメニューの種類がものすごくたくさんあり、カラーのメニューだけでも先ほど数えてみたら20以上ありました!

予約を入れる時に、どのクーポンを選んだらいいのか…正直言って初心者にはさっぱりわかりません。そんな時に便利なのが、IKINAというカルテアプリでした。

カルテアプリ、IKINAですすむ美容院業界のIT化!

サロンではカット前とカット後の写真を撮影していただいたのですが、帰宅後にIKINAというアプリを経由して、その画像や担当者の方からのメッセージが送られます。

もちろんその画像やメッセージのページは自分だけが閲覧できるものです。 撮影も任意なので、希望しない人は撮られることはないので安心してください!

受付付近に撮影ブースがあって、そこで撮影をしてもらいます。照明の設備がばっちりなので、髪の色の状態などもわかりやすく撮ってもらえます。写真があれば「前回よりもこんな風に〜」といったイメージが伝えやすいのが便利ですね。

初回にカットしてもらった時の写真。 後ろと横の写真を撮ってもらっています。

 

カルテのページでは、担当者さんとメッセージのやりとりもできるので、今回のカラーの予約の時のように、事前にメニューの相談などにも応じてもらえます。

当日の受付もこのアプリを使うことで簡略化しているそうです。簡略化でコストを削減することで、施術の価格が抑えられるので、都会の一等地の美容院とは思えない価格が実現しているのです。美容室業界のIT化が進むと、客である私たちにもメリットがありますね!

そんなIKINAに関しての記事を美容業界の求人サイト(リジョブ)で見つけました。

ITをフル活用した顧客サービスを!『ALBUM SHIBUYA』記事はこちらから読めます 

いざハイライトに挑戦!

今回予約の際に選んだクーポンは、IKINAで担当者さんからアドバイスをもらったカット+ハイライトorグラデーション+超音波フォンダントリートメント」を選択。

まずはアルミホイルを使って、細い筋になるようにブリーチ。私の髪はすでに何度も白髪染めを使っているので、強めの薬剤を使ってしっかりと色を落としてもらいました。

ブリーチの薬剤を洗い流してもらうと、オレンジがかった金髪の筋が登場!このままだと女子プロレスの悪役的(昭和、笑)なイメージ。事前に流れは聞いていたけどちょっぴり不安。

その後、根元は暗め〜毛先は明るめになるように、根元は白髪染めを塗りつつ、いくつかのカラー剤を使い分けて仕上げてくれました(担当者さんが丁寧に色々説明してくれたのですが、私の知識がなさすぎて語彙力が足りずすみません…)。

こちらが仕上がりです!

素敵〜〜〜!!

ここ数年はずっとショートだったのですが、現在は久しぶりに伸ばしている途中。耳にかけた時に髪の間からおしゃれなハイライトがチラッと見えるように、というニクいテクニック!

自分の髪型ながら「すてき〜〜!おしゃれです〜〜!!」と自画自賛してしまいました。

カラーはアッシュ系を入れてくれていて、時間の経過と共に少しずつ色が落ちていく変化も楽しめるそうです。

今回入れたハイライトの部分は、次回に別の色を重ねたりすることでまた違ったニュアンスも楽しめるとのことです。「次はブルー系に挑戦してみるのもいいですね!」と担当者さんからの提案もありました。すでに次回も楽しみ。

最近はハイライトが流行っているようで、今回私が行ったALBUM以外にも、同じようなメニューのある美容院がたくさんあります。気になった方はホットペッパービューティーで検索してみてください♪

隠すためじゃない白髪染めでおしゃれの幅が広がる!

白髪が目立つようになってからは、とにかく「隠す」ためにヘアカラーをしていたけど、今回のように白髪を活かしつつ、立体感や透明感を出すような白髪染めに挑戦してみることで、おしゃれの幅がグッと広がったような気がします。

白髪に悩んでいるみなさんにもぜひおすすめしたいです。

実はALBUMは、カカクコムの創業者の槙野光昭さんがオーナーだそうです。「価格.com」を作った人がなぜ美容業界に?という経緯など、とても面白いインタビュー記事がR25に掲載されています。下の画像をクリックすると記事に飛びます♪